税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

税理士が開業した時に営業力が必要な理由

カテゴリー: 開業
Tags: , , ,

税理士が独立するときに何が必要だと思いますか?

young cat hunting butterfly

資金?事務所?もちろんそれもありますが、もっとも大切なものがあります。
それは営業力です。
世の中には税理士向けの営業セミナーというものがあるほど、
税理士にとって重要度が高いものです。

なぜ税理士に営業力が必要なのでしょうか?

独立しても仕事がない

よっぽど強いコネクションを持っているなら別ですが、たいていはまっさらな状態からのスタートです。コネクションもなく、経営者と知り合う機会もない。これでは仕事は永遠にやってきません。自分で仕事を取ってくる営業力を発揮して、ようやく税理士としての真価を出せるようになるのです。

しかし営業力を身に着ける機会がない

税理士は最初から自分で開業することはせず、最初は税理士事務所に勤めて修行を積むことが通常です。その間、税理士としての力は着実につくのですが、積極的に営業して仕事を取ってくるという業務はしないことがほとんどです。一般企業のサラリーマンと違って外部と接触することも少ないケースが多く、営業力が培われないのです。

営業力もコネクションもない税理士はどうなるか

仕事がゼロ、または少ない税理士のために、税理士紹介サービスというものがあります。これは登録制のものがほとんどで、企業と税理士をマッチングするサービスです。どのようなシステムかというと、自分のスキルを求める企業を紹介してもらい、契約がスタートしたら紹介手数料として、受託金や顧問料の約40~60%を納めるということになっています。このようなサービスは日本国内にたくさんありますが、そのほぼ全てが割高です。しかしこういったサービスを利用しないと仕事がゼロになってしまうという税理士も多く、紹介手数料は今後も変わることはないと見られています。割高なサービスを利用しないと仕事がないから高い手数料を払い続ける、その結果仕事を得るために仕事をし続けるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

もちろん税理士紹介サービスもなくてはならないものですが、
利用し続けるにはデメリットがある可能性が高いです。
そんな状況から脱却するには自分で仕事を取ってくる必要があります。
営業力は税理士にとって必要不可欠な能力と言えるでしょう。

[税理士のツールに!税理士のための A-SaaS クラウド税務・会計・給与システムはこちらから!]

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。