税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

税理士で起業をする前にチェック

カテゴリー: 税理士, 開業
Tags: , ,

税理士が起業するときに注意して欲しいこととは…

52 640

税理士資格と国家試験

税理士のように士という文字がつく職業のことを士業といいます。
士業は、国家資格が必要となり、資格取得をすることで独立をすることもできます。
士業には、税理士の他に弁護士や会計士などがあります。
税理士などは、一人で黙々を仕事をするのではなく、契約をしている取引先とのコミュニケーションを大切にしなければいけません。
ですので税理士の資格を取得したからと言って、すぐに独立をするのではなく、まずは税理士事務所で経験を積むようにしましょう。

難易度の高い税理士取得

税理士への国家資格は、レベルが高く簡単に取得することは難しいです。
税理士の場合11科目の試験の中で5科目以上合格しなければいけないこともあり、なかなか取得することができない方も多いのが現状です。
税理士事務所で仕事をしながら税理士資格を取得をする方や何度も受験しても落ちてしまい10年以上もの年月をかけて税理士資格を取得する人もいます。
このように、税理士になる為には日々の勉強が重要となってきます。

起業するタイミングを間違えない

念願の税理士資格を取得したらすぐに独立をしたいと思っている人も多いですが、人脈のない中での独立は危険性が高いので、焦らずにじっくりと検討していきましょう。
税理士資格を持っていても、顧客がいなければ能力を発揮することはできません。
ですから、税理士事務所である程度働き起業するにあたって何が必要になるのかを勉強することがポイントになります。
焦って独立をしていい結局マイナスになってしまうといったことが多いので注意しましょう。

営業能力も必要

税理士には経理管理能力はもちろん大切ですが、顧客を多くする為にも営業力が必要となります。
実績を伸ばすことで、集客効果をあげることはできますが、契約をしなければ収入に繋げることができません。
営業力を身に付け、1社でも多くの企業と契約をすることによって、安定した収入を得ることができます。
営業は人によって向き、不向きがありますので、税理士事務所で経験を積み、営業のノウハウも一緒に身に付けることで独立環境を作り上げることができます。

税理士として起業を考えているのであれば、どういった業種をメインに雇用契約をしていくのかを考えたり、専門的知識を身につけたりするなど方向性をしっかり決めてから準備を進めるようにしましょう。
無計画の場合失敗してしまう可能性が高いので注意しましょう。

[独立したら!税理士向け A-SaaS クラウド税務・会計・給与システムはこちらから!]

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。