税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

いますぐできる!管理会計システム導入でコンサル事業参入!

カテゴリー: IT・クラウド, 会計, 税理士業務
Tags: ,

税理士業務以外にすぐできるサービスを紹介します。

273

同じ人に相談できる安心感を商品にする!

もちろん税理士は税務に特化した専門家であり、第三者として客観的な意見を求められることや税務に専従することが使命とも考えることができますが、実際には顧問先企業の実務に即した対応が求められることもあります。
特に販売管理業務や在庫管理業務は企業によって独特で、ビジネス面で抱える問題は三者三様です。また販売拡大や経費削減のために財務データや販売管理データを分析する作業は必要だとわかっていたとしても、日々の業務に追われて後手に回してしまいがちです。
そんな顧問先に「この販売管理システムなら御社の運用体系に対応できますよ!」「顧客管理システムを導入すればホスピタリティの高いサービスを提供できますよ!」と提案することができれば、「顧問税理士の先生が言うなら!」と前向きな気持ちになれるのです。

既に得ている信頼をより強固なものに!

これからの税理士経営に必要なのは、既にお付き合いしている顧問先とさらに深い関係になることです。
もちろん余力があれば新規顧客を獲得するための市場拡大戦略も同時に進行して構いません。大事なのは既存サービスだけでなく、ありそうでなかったサービスを税理士が提供することなのです。独りよがりのサービスを提供するだけでは、顧問先から興味を示してもらうことは難しいのは言うまでもありません。顧問先ときちんとコミュニケーションがとれているのであれば、抱える問題点をすぐに列挙できるはずです。その問題点に対してピンポイントに突くことで、相手の心を動かすことができるのです。もし顧問先の問題点がすぐに思い浮かばないのであれば、コミュニケーション不足であることが考えられます。ここで重要なのはどの企業にも必要と思われる最大公約数的なサービスではなく、当該顧問先の問題点だけを解決する手段を模索することにあります。

顧問先とのコミュニケーションを活性化

顧問先とのコミュニケーションを活性化させるための手段として、メールマガジンを配信する方法が挙げられます。
知りたい情報や税務に関するタイムリーな話題を提供するのはもちろんのこと、一見税務とは関係ない話題を税理士の視点から考察した内容などもオススメです。
また個別相談会やセミナーを開催することでよりコミュニケーションが活性化されます。どのようにセミナーを開催すればよいのかがわからない、どのような切り口で展開すればよいのかがわからない場合は、ビジネスサロンに参加してもよいでしょう。オンラインサロンも多数展開しているため、参加するハードルはそれほど高くないのも特徴です。サロン主催者のビジネスセンスを皮膚感覚を通じて学ぶことができます。

まさかデータを申告するためだけに…?

税理士として会計データのやり取りをしているのであれば、まずは管理会計の分析を行なうサービスを展開してみましょう。
たしかに経営者は販売管理から売上のシミュレーションをしたいと思っていますが、必要なデータは原価などが含まれていることが多いため、第三者にデータを渡すことに抵抗を感じてしまいがちです。そこで管理会計システムを導入すればすぐにサービスの拡充に着手することが可能となります。既にもらっているデータから損益分岐点図表を作成することができるだけでなく、予実管理や中長期予測まで行なうことが可能です。過去のデータを分析するだけでなく、数値を入れ替えることでさまざまな状況に応じたシミュレートをすることが可能となるのです。

まとめ:税理士業界はこれまで以上にIT化が加速している印象があります。

顧問先企業の自計化もますます加速し、顧問契約を打ち切られてしまうことも十分あり得るのです。
いつまでも必要としてもらえる税理士になるためには、新規市場をするだけでなく、既存サービスを多様化させ充実させることが課題となってくるのです。

これからの税理士に求められているのは同じ人に相談できる安心感であり、税務以外の面でアドバイスできる税理士になるためには顧問先の抱える問題点を解決する能力が必要となります。顧問先の抱える問題点をすぐに解消する方法は、管理会計システムを導入しコンサルタント業務を行なうことが挙げられます。

[税理士向け A-SaaS クラウド会計システムはこちらから]

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。