税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

現金払いが大好きな日本人がクレジットカード決済しないわけ

カテゴリー: ビジネス, 小ネタ
Tags: , ,

あなたはクレジットカードをどんな時につかいますか?

日本では国民1人あたり約3枚のクレジットカードを保有しており、
アメリカや韓国と比較すると、先進国の中でクレジットカード保有率が高い状況です。
しかしながら店頭となると、日本では多くが現金決済を行っているのに対し、
欧州やアメリカではカード決済が多く使われています。

woman happy take credit card and shopping bag

日本・欧州・アメリカにおけるカード決済状況から、
日本では現金決済が主流であり続ける理由をご紹介いたします。

各国のカード決済状況

日本では多くの方が現金決済を行っているのに対し、欧州やアメリカではカード決済が多く使われています。日本の場合は金額が大きい場合にクレジットカードが使われる傾向があるようです。対して欧州やアメリカでは、コーヒー1杯でも使われ、金額の大小を問わずカード決済が利用されます。日本においてはカード決済の利用率がわずか18%との調査があり、他の諸国よ比べるとアメリカ:54%、英国:53%、韓国:58%と大きな開きがあるようです。

欧州やアメリカではデビットカードが普及

欧州で使われているカードは、見た目はVISAやMasterCardと言ったカードブランドのもので、通常のクレジットカードとはなんら代わりはありません。しかし券面には銀行のロゴマークが記載されており、決済時に銀行口座から即時引き落とされるデビットカードと呼ばれるカードが利用されていることがわかりました。欧州やアメリカでは、昔から小切手が使われていました。しかし小切手は、金融機関にとって処理コストが高く、加盟店にとっても現金への回収リスク、現金化までに時間がかかるといったデメリットがありました。このデメリットを解消すべく、各金融機関はデビットカード機能によってカードの普及を促進してきました。デビットカードには、日本のクレジットカードでもVISAやMasterCardといった著名なブランドによる決済ネットワークが採用されているので、クレジットカード同様に世界中の加盟店での決済利用、そしてATMでの出金をすることができます。消費者側としても、デビットカードはクレジットカードと同じ感覚でスピーディーに決済利用できるだけではなく、金利負担が必要ではないことから幅広く受け入れられています。そのため、多くの場合、アメリカでの支払いにはクレジットカードではなく、デビットカードによる支払いが行われています。

日本ではなぜカード決済があまり使われないのか

日本のカード決済の割合は先進国の中でも著しく低くなっています。その中でもデビットカードに着目すると、その数はさらに減ります。日本では、銀行のキャッシュカードをデビットカードとして決済に利用できる「J-Debit」と呼ばれるサービスが展開されています。しかしながら、J-Debitは使い勝手の悪さとセキュリティに対する懸念が挙げられています。さらに、各金融機関も積極的な利用推進を行わなかったことから、消費者の間で異なる認識や知名度が低い状況となり、普及には至っていない状況です。また長年のデフレによってお金に対するマイナスなイメージが沸いてしまい、クレジットカード=借金といったイメージを抱いてしまう人が多くなってしまっていて、できるだけカードの利用を控えてしまい、結果としてクレジットカードは金額が大きいときに利用するといった価値観が日本人の間に根付いてしまったと考えられています。

クレジットカードは大人が持つものというイメージから、就職の記念に作りました。
…にも関わらず未だ1回として使ったことはありません。
このままでは宝の持ち腐れなので、早く使って大人の階段を上りたいと思います。

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。