税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

CiK 開発日記 第2回 〜 お客様の共感と熱意を受けて 〜

カテゴリー: CiK開発日記, 開発ブログ

こんにちは。事業企画グループの三輪です。
今回は私から、「CiK開発日記 第2回」をお届けしたいと思います。

入社してから1年半、いま率直に感じていること

私がA-SaaS(エーサース)に入社したのは2017年4月です。1年半ほどが経過した今、率直に感じていることは「これほどまでにお客様に支えられていると実感できる会社はない」ということです。

私はこれまで、IT業界を中心に3社ほどで経験を積んできました。提供するシステムやサービスがお客様の役に立っている、と感じるシーンに、稀にではありますが出くわすことがありました。ですが、自分たちのサービスやビジネスが「お客様に支えられている」と実感できる機会はなかなかありませんでした。

料金体系の変更に伴うご面談の際に、激励のお言葉をかけてくださる先生方が多くいらっしゃったことは本当に支えになりました。さらには、新会計システムはじめ、製品開発において本当に多くのお客様にご協力いただいています。お忙しい業務の中でも快くお時間をとっていただき、建設的なご意見をいただける先生方、職員の皆様には感謝の言葉しかありません。
これほどまでに「お客様に支えられている」ことを実感できる機会に恵まれている会社は珍しいのではないでしょうか。

それは、現在開発に取り組んでいる「CiK」についても言えることです。今年の3月から4月頃にかけて、代表の田中がお客様を回る中で、様々な建設的なご意見をいただくことができました。

>>「CiK」に寄せられたご意見の一部は「CiK 開発日記 第1回」をご参照ください

とある関西のお客様の熱意とご厚意

「神戸の元町で田中社長の話を聞いた時に電気が走った、ビビッと来た!」
「A-SaaS(エーサース)は経営顧問の方向に加速すべき、ぜひ自分が使っているサービスについてデモを見せたい!」

 

「CiK」のコンセプトに共感してくださった、とある関西のお客様の言葉です。ご利用されている経営顧問サービスのデモを見せるためだけに、一緒に事務所を経営されている先生を伴い、お二人で東京本社にまでわざわざお越しくださいました。
普段ご利用されているサービスで、先生がどのように経営顧問を行っているか、システムで実現できることは何か、顧問先の中小企業とどのような話をされているか。本当に余すことなく、一切を教えていただきました。

そしてさらには、「CiK」の「提供価値」「ターゲット顧客」「会計事務所とA-SaaS(エーサース)双方の収益性」といった点について、開発メンバーと白熱した議論を繰り広げました。

ご来社いただいた先生のうち、お一人は今回のデモには最後まで反対されていたそうです。

「最後は腹をくくって、今日この会に臨みました。結果、これだけの議論ができて、今日来て本当に良かったです」

 

数時間に及ぶ議論の最後に、その先生にそうおっしゃっていただけたことが、今でも印象深く記憶に残っています。

 【続きはこちら】経営顧問は『いばらの道』だからこそ価値がある >>

 

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。