税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

5分でわかるフィンテック〜企業や税理士業務との関わりを考える

カテゴリー: IT・クラウド, ビジネス, 税理士業務
Tags: ,

「フィンテック」は単なる流行り言葉ではない

昨今、「フィンテック」という言葉を耳にする機会が増えました。
昨年後半からは日本でも「フィンテック関連銘柄」が金融業界のトレンドとして注目を集めており、新聞や雑誌、テレビ、インターネット上で頻繁に取り上げられています。

世界中で急成長している市場なのですが、耳馴染みのない言葉で難しく聞こえるという方も少なくないでしょう。流行り言葉と感じている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、フィンテックは税理士の先生方のお仕事に深く関わる、無視できないキーワードなのです。

なぜなのでしょうか。

フィンテックが、様々な切り口で「お金にまつわるやりとりの面倒くさい」を解決するものであり、当たり前とされていた金融機関のサービス内容さえも変革するものだからです。

そして、対象は個人・企業を問いません。
金銭は日々の生活や事業と切り離せない身近な存在なので、それを扱う際の不便や非効率を改善し、可能性を広げることは多くの人にとってメリットがあるのです。

まさに税理士の仕事の現場にかかわる、重要な動きだと言えるのではないでしょうか。顧問先からもアドバイザーとして意見を求められる場面が増えることも考えられます。

世界的なこの動きをおさえ、税理士としての仕事をより確実に進めるため、いまこそフィンテックが何かを知る必要があります。

おそらく今後も便利なサービスがどんどん世の中に発表されていくことでしょう。
本質的な理解の下で有益なものは着実に取り入れていけるよう、この機会にフィンテックの意義やサービス内容を理解し、実務との関連性を考えてみてはいかがでしょうか。

弊社では情報収集の一助として、税理士の先生に向けてフィンテックとは何か、またフィンテックと企業や税理士業務との関わりをご紹介する資料をまとめました。

ご案内:5分でわかる!いま話題の「フィンテック」

本資料の構成は以下のとおり、10枚ほどの簡単な内容です。

・フィンテックとは
・フィンテックの普及と市場規模
・代表的なフィンテック関連サービスとは
・企業が受けるフィンテックの恩恵
・変わりつつある、顧問先と税理士事務所との関係
・まとめ

資料のダウンロードはこちらから

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。