税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

【FinTech最新情報】日本ユニシス、地方銀行向けに「FinTech分科会」を開催決定

カテゴリー: IT・クラウド, ビジネス
Tags:

日本ユニシスが「リテール戦略研究会」でのFinTechに関する分科会開催を決定

日本ユニシス、FinTech研究会

 

11月16日の日本ユニシスプレスリリースによると、同社は地方銀行向け「リテール戦略研究会」の分科会として、「FinTech分科会」の開催を決定したそうです。

■ 日本ユニシスとFintechの関係

日本ユニシス社はもともと、「BankVision」というオープン勘定系システムを開発しており、それを利用している銀行を中心に、「リテール戦略研究会」という組織を発足しています。研究会では、2008年から、タブレット端末の活用に関する研究など、主にリテール戦略に特化した研究を行ってきたとのこと。
さらに、日本ユニシスでは昨今のキャッシュレス社会の流れを踏まえ、本年度から「決済イノベーションプロジェクト」という全社プロジェクトを立ち上げたそうです。こちらは、決済に関する新たなソリューションの提供を行うもので、上記のリテール戦略研究会においても、関連する情報発信が行われています。

■ なぜ「Fintech分科会」の立ち上げに至ったのか?

近年、決済業務のIT化や、ベンチャー企業と金融業界の提携などが活発に行われつつある背景を踏まえ、リテール戦略研究会の分科会として、「FinTech分科会」を開催することとしました。
一般的に、地方銀行はFinTechなどに関する情報を独自に収集したり、投資に踏み切ったりすることが難しいという背景があり、これを後押しするべく立ち上げに至りました。

■「Fintech分科会」は何を実現するのか?

国内外のフィンテック関連企業を呼び込んで、地銀とのサービス連携を促すことが目的なのだとか。
主に地方銀行を取り巻く環境の変化に着目し、「BankVision」などに関連する新たな金融機関向けソリューションの企画などにも取り組んでいくようです。
同分科会は、今月を目処に立ち上げ予定です。

「地方銀行」と「FinTech」は、最近日本IBMなども開発支援コンソーシアムを設立するなど、注目が集まりつつあるキーワード。
他社の動きも含め、引き続き追っていきたいです。

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。