税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

実は知らない?ふるさと納税でちょっとオトクに納税を

カテゴリー: 小ネタ
Tags: ,

実は知らない?ふるさと納税でちょっとオトクに納税を

2008年に始まってから、少しづつ耳にするようになった、「ふるさと納税」。
自身のふるさとに納税するというわけでなく、「どこでも好きな場所に」「複数回」「複数の場所に」寄付できるというシステム。実はよく知らない人もいるはず。
今回は、この制度について、ちょっとだけ調べてみましょう。

 

ふるさと納税

ふるさと納税のポータルサイト。オンラインモールみたいです。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。
個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。
また、2015年4月1日より、確定申告が不要な給与所得者等に限り、確定申告の代わりとなる「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄附先自治体へ寄附する都度提出(郵送)することで住民税から控除されます。
つまり、実質今収めている県民税・市民税の一部を任意の自治体へ移転する事になります。
※課税所得に応じて自己負担金は2,000円以上になる場合があります。

 

どんな特徴があるの?

・好きな自治体に寄付!

公式ホームページなどにも一覧が掲載されていますが、基本的にふるさと納税をどの自治体に行うかは、支払いを行う方の自由。多くの場合、使い道が明確に示されているので、「こんな風に税金を使いたい!」というものに、任意に寄付を行うことが可能です。
クラウドファンディングなども行われているので、「美術館を設立するために」「教育を支援したい」といった、少額の資金では困難なことにお金を使えるのも魅力でしょうか。
また、複数の自治体に寄付可能なので、少額をいくつかの場所に分けて収める…なんてことも。

・寄付した自治体から、お礼が届く場合も!

自治体によっては、寄付金に応じてお礼の品が届きます。何が届くのかをのぞいてみると、宮崎の和牛や地方のお野菜といった地域の特産品、宿泊施設の優待券などが様々見つかりました!クラウドファンディングのような使い道でこれというものが見つからなかったときも、「欲しいもの」「食べたいもの」という視点からだと、ふるさと納税にチャレンジしたくなりそうです。

・税金が還付もしくは控除!

確定申告を行うことで(条件に当てはまれば、以下の「ワンストップ特例」のように確定申告なしでもOKな場合も)住民税が還付、もしくは控除されます。一般的には、住民税の2割程度がイメージみたいです。金額はご家庭の状況などによって異なります。
こちらのサイトでは、金額のシュミレーションができるみたいですよ!

・ワンストップ特例も!(5つの自治体まで/ 条件有り)

ここまで見てくると魅力いっぱいのふるさと納税ですが、実際やるとなると、面倒そうですよね。実際、普段確定申告をしていないと慣れない手続きをしなければ..というのがあったのですが、今年制度が一部改定されました。それがこの、「ワンストップ特例」です。

一定の条件を満たすと、確定申告が不要になるという特例。確定申告の代わりに、「ワンストップ特例制度用紙」という紙を、寄付した先の自治体へ送る必要はあるものの、確定申告に比べると、手間は減りそうです。
ちなみに、特例を使う場合の条件は以下の通り。

1:もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること
※年収2000万円を超える所得者や、医療費控除のために確定申告が必要な場合は確定申告で寄付金控除を申請してください
2:2015年1月1日~3月31日の間に寄附をしていないこと
※2015年4月1日より前に寄附をした場合は確定申告が必要になります
3:1年間の寄附先が5自治体以下であること
※1つの自治体に複数回の寄附をしても1カウントとなります

本来、ふるさと納税でキャッシュバックを受けるためには「所得税の還付」をしてもらうために、確定申告が必要でした。(その後、市区町村により「住民税の控除」が行われます。)ところが、ワンストップ特例の申請を行うと、寄付をした先の市区町村が「所得税」の手続きを行ってくれるんです。住民税は自動的に計算されて通知されますから、手続きがかなり簡便になるということです。

 

普段納めている税金は、自分で明確に使い道を決められるわけではありません。適切な場所に政府が割り振っていくので、これはこれで必要なこと。一方で、「自分のお金の使い道は、自分で決めたい」という思いもあったりしませんか?こういうとき、ふるさと納税のような制度を使ってみることで、普段なんとなく納めている税金の使い道について、考えるきっかけになるのではと思います。

と、こんなことを書いている私も、実はチャレンジしたことがないんです。
今度は実際に行ってみて、どんな感じかご報告しますよ♪

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。