税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

税制改正の新時代!「企業版ふるさと納税」とは何か?

カテゴリー: 税理士
Tags: , , ,

先月から連載しています「平成28年度税制改正:ワンポイント解説シリーズ」では、
2〜3分でスッキリご一読いただける税制改正解説を提供しております。

今回は、近年話題になっている「地方創生の推進」のための国家的な取り組みが
税制改正にも影響するに至っている新たな潮流と、将来の方向性について解説いたします。

「企業版ふるさと納税」とは何か?

「企業版ふるさと納税」とは、官民ともに地方創生に効果的な事業を育成・推進するために、
改正地域再生法の枠組みに基づく認定事業への寄附について優遇的な措置を施すものです。

具体的には、地方創生推進事業に関する寄附金について、法人税&地方税上の税額控除をうけることが認められます
この措置により、従来の損金算入措置に加えて税額控除も併用することで、より一層の税額負担の軽減が図られるわけです。(画像)

なお、従来から継続されている損金算入措置との違いとしては、
今回の税額控除の範囲について、「国又は地方公共団体への寄附金」と混同しないように要注意です。

img20160315_001_kigyobanfurusatonozei

(出典: 財務省「税制メールマガジン第86号 (平成27年12月17日)」参考資料③)

「企業版ふるさと納税」は、地方創生戦略の一部にすぎない

この「企業版ふるさと納税」、税務処理としてはさほど複雑なものでもありませんが、
そもそもどのような経緯で創設されたのか、イマイチ分かりにくいと感じられる方も多いのではないでしょうか?

実は、これは近年話題の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」(いわゆる地方創生戦略)の一環として創設されたものです。

すなわち、地方創生戦略の具体的な実現策として「地方創生版・三本の矢」が提案されていて、
そのなかの「財政支援」の一部として、税制改正が重要な役割を担っているわけです。

このような「地方創生戦略」と「平成28年度税制改正」の関係を図でまとめると、以下の通りに整理できます。
img20160315_002_chihousouseisenryaku_summary
地方創生戦略そのものに明確な定義はありませんが、その目的は「人口減少問題の克服」と「成長力の確保」を広く包含しています。
そのため、今後の地方法人課税の潮流を理解するうえでは、地方創生戦略の全体像もしっかり抑えておくことが肝要といえるでしょう。

また、今回の地方創生戦略では具体的に言及されていませんが、
地域間の税源の偏在性是正・格差縮小を理解する観点で、「地方法人課税の偏在是正」についても引き続き要留意です

地方創生戦略と関係する、平成28年度税制改正のポイント

昨年末に閣議決定された「地方創生戦略(2015改定版)」の税制支援策は、一通り、平成28年度税制改正に織り込まれています

これから地方創生戦略を着手・推進していく段階にあるため、
いずれの項目においても支援的な税制措置の新設・拡大といった方向での改正になっていることが読み取れます。

また、国・地方間や各省庁間といった区割りを超えた横断的な取り組みのため、
もちろん多くは法人税上の支援措置ですが、海外からの旅行者を意識した消費税免税制度なども並列表記されていることは特徴的です。
img20160315_003_chihousouseisenryaku_zeisei

来年度以降の展望に向けて、社会的な課題に関する議論にも要注目!

ここまでの内容を振り返ると、「地方創生戦略」でまとめられている税制支援については、
一見、今年度の税制改正ですべて対応されているようにも見えるかもしれません。

しかしながら、取り組みが端緒についたばかりという点を考慮しますと、「地方創生戦略」を完成形とみるには早計かと思われます。

実際、「地方創生戦略の総合戦略(2015〜2019年)」に掲げられている項目のうち、
家計・企業活動に直接影響するものだけでも下記の通り列挙できます。

・『若年世代の子育て支援』
・『若年世代のライフ・ワーク・バランス実現』
・『既存ストックのマネジメント強化』(→中古・リフォーム市場規模の拡大など)
・『農林水産業の成長産業化』

(出典:内閣官房「国と地方の協議の場 平成27年1月9日」資料3)

一般的にこれらの領域は支援が不足しているとみられていますので、将来的な支援拡充の期待感が高まってくる可能性もあります
このような社会的課題に関する議論を注視することで、来年度以降の税制改正の展望が開けてくるものと思われます。


以上、全4回にわたって「平成28年度税制改正:ワンポイント解説シリーズ」として解説してまいりましたが、いかがでしたか?

税制改正のたびに税務業務へ影響が及ぶことを考えると、税理士事務所は人的&システム的な「柔軟さ」が重要かもしれません。
税務システム面で税制改正のたびに手間や面倒がないか?」など、この機会にぜひ再確認されてみてください。

▼税制改正にも完全自動対応!税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム「A-SaaS」の資料はこちら▼
https://www.a-saas.com/inquiry_mat/


▼平成28年度税制改正:ワンポイント解説シリーズ▼
第1回:3分でわかる!消費税の軽減税率で話題の「インボイス」って何?
第2回:改正間近!法人税率引き下げに代わる「課税ベース拡大」の対象とは?
第3回:一発図解!今年度末で期限を迎える「租税特別措置」を総まとめ
第4回:税制改正の新時代!「企業版ふるさと納税」とは何か?(今回)

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。