税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

【第1部】ネットバンキングの安全対策

カテゴリー: IT・クラウド
Tags:

企業や、個人でも必ず1つは作る銀行口座ですが、最近の口座はわざわざATMに行かずに入金・振込などの取引ができるようになりました。
今回は個人のみならず、企業でも最近主流となっている『ネットバンキング』についてご紹介します。

ネットバンキングとは

インターネット上で、銀行との取引を行えるサービスのことです。以前は銀行のATMなどに行かないと行えなかった、「振込」「残高の確認」「取引履歴」などがインターネット環境があるところならどこでも24時間365日、決済や確認が可能になったのです。

※ただ、現金の取り扱いができないので、あくまでもその口座に入っている金額の中で、振込や、振替ができるというものです。

ネットバンキングを利用できる銀行
現在はほとんどの都市型銀行(メガバンク)において使用できるようになっています。有名な3社をピックアップすると…

三菱東京UFJ銀行 → 三菱東京UFJダイレクト
三井住友銀行 → SMBCダイレクト
ゆうちょ銀行 → ゆうちょダイレクト

ネットバンキングの意外な落とし穴

ネットバンキングが発展することで、無駄足がなくなり時間を有効活用できるようになりました。しかし、一方で、ネットバンキングの不正行為の件数も増えているのが現状です。少し古いデータですが、2014年のネットバンキング不正送金被害は、過去最悪の数値です。

1876件 約29億1000万円

引用:警察庁広報資料

しかし、銀行側からすると、お金を持ち歩く必要がなくなるため、安全で、時間を短縮できるネットバンキングを使って欲しいということで、各銀行はセキュリティー対策に力を入れるようになりました。

抜群な安全な取引対策

ウイルスに感染したら…。と多少不安が残るかもしれませんが、ネットバンキングでは、過去のウイルス問題を機に安全な取引をモットーとして、システムや方針を一新しました。なかでも、ログイン時に必要なID・パスワード入力の画面では、複数回間違えた場合にロックがかかり、電話での問い合わせをしないと解除できなくなっていたりと万全な対策をしています。

また、2014年7月から全国銀行協会では、ネットバンキングの不正に対して、補償案を提出しました。

法人向けインターネット・バンキングにおける預金等の不正な払戻しに関する補償の考え方

個人のお客さまのみならず、法人のお客さまにも被害が拡大していることから、今年5月、法人向けインターネット・バンキングに関するセキュリティ対策の強化ならびにお客さまへの注意喚起等について、申し合わせを行ったところである。

引用:全国銀行協会 重要なお知らせ

法人における補償があることにより、ネットバンキングの安全性がさらに高まっていくものと考えます。今後はこういった事例があることを念頭に、ネットバンキングの可能性を広げ、自分たちの事業へ導入していくのがいいでしょう。

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。