税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

給与システムの価格帯は?

カテゴリー: IT・クラウド, 税理士業務, 給与
Tags: , , ,

給与システムの気になる価格帯についてご紹介します。

24給与システム価640

給与システムの価格はバラバラ

給与システムと言っても企業によっては全く異なる価格となっていますので、明確な価格帯はありません。しかし、基本的には最低でも8~10万円以上はかかると想定していてください。もちろん給与システムのグレードによっては数百万円発生することもあります。個人営業をしている中小企業など場合は、最低限の給与システムがあれば問題はありませんが、中堅企業から大企業にもなると給与システムのグレードを上げる必要がありますそれと同時に、セキュリティ面でも長けている給与システムの購入が望まれます。

クラウド版の価格もチェックしよう

クラウド版の場合は、企業にも寄りますがソフト版の給与システムよりも若干割高になる傾向があります。また、一部の企業では無料でクラウド版を提供していることもありますが、そういった製品のほとんどは5名まで登録可能、というように人数制限が設けられています。とはいえ、セキュリティ面などで問題視されることも多いクラウドですので、価格を安く設定している企業も少なくないのが実情です。ソフトかクラウドかで悩まれる方が多いのは、セキュリティの面が深く関わっているからです。

価格で決めるよりも中身で決めるなら

価格はいくらでも良いから、とにかく安全性の高い給与システムが欲しい、と言われる方も少なくはありません。そのような方には大手企業が提供している給与システムのご利用がオススメされます。もちろん安全性の高い給与システムとなりますので、価格も20万円以上かかることが多くなります。グレードによってはさらに価格は上がりますので、財政状況と相談をしながら、ご自身に合った給与システムを決めるようにしていかなくてはなりません。

安い給与システムと高いものとの違いとは

安いものと高いもので同じ給与システムではないのか、と考えらるかもしれません。しかし価格の高い給与システムには、多くの社員を登録することができます。比較的小さな企業である場合、中小企業向けの給与システムを選ぶことをおすすめいたします。さらにセキュリティに関しても安いものと高いものでは違いがあります。セキュリティに関しても商品によって異なる点が多いので、何よりも事前にその給与システムについて知ることが大事になることでしょう。

給与システムの価格は8万~200万円というように、かなり幅広い価格帯となっています。

中小企業の場合は8万円~20万円を目安にし、それよりも大きな企業や成長企業は30万円以上の給与ソフトを比較しながら選ばれるようにすると良いです。社員の給与の計算やその記録はとても大事なものですので、できれば社内でその管理ができることが望ましいです。ぜひ会計事務所に委託するばかりでなく、社内で給与システムを活用するようにしてみてください。

[給与計算業務に最適!税理士のための A-SaaS クラウド税務・会計・給与システムはこちらから!]

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。