税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム
A-SaaS公式ブログ

役員報酬1億円以上の上場企業は…!?

カテゴリー: 小ネタ
Tags:

上場企業の役員報酬1億円以上は…52社94人!

business man hug money

6月24日17時までに有価証券報告書で確認された、
役員報酬1億円以上を受取った役員の個別開示を行ったのは52社、人数は94人でした。
役員報酬1億円以上の個別開示を行った企業52社のうち、三井物産が8人(前年4人)で最多。
次いで、トヨタ自動車が7人(同3人)、ソフトバンク、住友商事が各4人でした。
また、複数人の開示を行った企業は21社でした。(東京商工リサーチより)

役員報酬額TOP3

その94名の1億円プレーヤーの中のTOP3に輝いたのはこちらの方々です。

1位:フジッコ(株) 山岸八郎氏(8億4700万円)
2位:セガサミーホールディングス(株) 里見治氏:(6億3500万円)
3位:(株)アイセイ薬局 岡村幸彦氏:(3億8400万円)

※(2015年6月24日データ)

また、役員退職慰労引当金繰入額とストックオプションその他を除いて、
報酬のベースである基本報酬・業績による報酬・賞与の3項目合計だけを取り出すと、報
酬ベース総額のトップは、日産自動車のカルロス・ゴーンCEOの9億9500万円となります。

しかし欧米はケタ違い!

日本企業の経営陣の報酬は、欧米と比べて、それほど多くないという意見もあります。
東洋経済オンラインが、2014年12月5日に公開した記事、
「ケタ違い! これが米国CEO報酬トップ300だ 首位は年間56億円も! アップルはいくら?」によると、
ランキング1位のトランスダイム・グループ会長兼CEOのニコラス・ハウリー氏は、
56億397万円の報酬を得ているそうです。
時価総額世界首位のアップルCEOのティム・クック氏でさえ、151位です(報酬は4億9306万円)。
Twitter等ネットでは日本の役員報酬について、
「毎度思うけど企業規模の割に安すぎるし、1億円以上が443人しかいないというのは人数が少なすぎる。」
という声も上がっています。

いかがでしょうか?
1億円が安すぎると感じるか高すぎると感じるかは人それぞれだと思いますが、
人生で一度でいいから本物の1億円を見てみたいものです。

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。