お知らせ

お知らせ一覧に戻る

2015.04.01

税理士向けクラウド会計・税務・給与システム「A-SaaS」、 協会けんぽの健康保険・介護保険料率、雇用保険料率を無償で自動更新

税理士向けクラウド会計・税務・給与システム「A-SaaS(エーサース)」を運営するアカウンティング・サース・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 佐野徹朗、以下「当社」)はこの度、全国健康保険協会(以下「協会けんぽ」)が運営する健康保険および介護保険、雇用保険の平成27年度料率に対応するため、給与システムのバージョンアップを行いました。当社の給与システムは、「A-SaaS」利用税理士(以下「ユーザー」)の顧問先である中小企業(以下「顧問先」)に無償で提供されるもので、年度ごとの自動更新等の費用も発生いたしません。

本給与システムは、ユーザーと顧問先の密接な連携や効率的な業務分担を支援するために開発されたもので、インターネットを介して、両者が同じデータを共有できることが特長です。その利用費用は、「A-SaaS」の基本月額料金に含まれているため、ユーザー主導で顧問先への無償提供が可能です。バージョンアップはもちろん、年度ごとに変更となる協会けんぽの社会保険料率、雇用保険料率の自動更新、これらの毎月の給料明細書への反映も一切の追加費用なく対応しています。
「A-SaaS」の給与システムを導入いただくことで、従来の給与システムで課題となっていた、定期的な費用負担の発生やそれを回避するために手動で行わざるを得なかった入力業務等の負荷が軽減されます。

なお、平成27年度の健康保険料率及び介護保険料率は、例年より1カ月遅れての本年4月分(5月納付分)からの適用となりますが、一足早く対応が完了いたしました。
今後も随時機能改善を行い、平成28年1月から運用開始となるマイナンバー制度へも適宜対応してまいります。

《今回の自動更新》
・健康保険料率 47都道府県分
・介護保険料率 現行:1.72%  →  新料率 :1.58%

【税理士向けクラウド会計・税務・給与システム「A-SaaS」とは】
「A-SaaS(エーサース)」は、税理士事務所内の専用機や専用サーバーと一緒に購入する必要のあった業務システムとは全く異なり、パソコンとインターネット環境があればどこでも使える、新しいクラウド型の会計・税務・給与システムです。すべてのデータは外部のデータセンターで安全に保管され、従来型の業務システムのように、税制変更などに伴うバージョンアップ作業も不要です。そのため、事務所内のシステム運用の業務負荷やコスト負担も軽減することができます。「A-SaaS」は、全国約30,000件の税理士事務所・税理士法人のうち、すでに1,700件超の事務所にご契約・ご利用いただいております。
URL: http://www.a-saas.com/

--------------------------------------------
【会社概要】
会社名  アカウンティング・サース・ジャパン株式会社
設立  2009年6月1日
代表者  代表取締役社長CEO 佐野徹朗
本社所在地  〒108-0072 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル 10階
資本金  1,480,747,000円 (資本準備金1,150,247,000円)
URL  http://www.a-saas.com/
--------------------------------------------
【本件に関するお問い合わせ】
アカウンティング・サース・ジャパン株式会社
CEOオフィス(広報・PR) 担当:早坂
電話:03-6455-7800 メール:press@a-saas.com
--------------------------------------------

pagetop