• マイナセキュリティ
  • マイナドライブ
  • 税理士事務所に与える影響
  • 中小企業に与える影響

マイナンバー 税理士事務所に与える影響

マイナンバー制度によって
適切な処置、厳格な情報管理が
求められます。

税理士事務所に求められること

  • 取得

    税理士の主業務である税務申告のすべての業務でマイナンバーの取得、記載が必要になる

  • 委託

    顧問先(中小企業)の委託を受けて個人番号を取り扱う税理士事務所も「個人番号関係事務実施者」になり義務・責務等を負う

  • 保管
    利用

    大量(顧問先×従業員(従業員の扶養者含む))の個人番号の保管・利用を強いられる

  • 安全
    管理

    求められる安全管理措置(組織体制、区域管理、漏洩防止、アクセス制御等)を自力で行う必要がある

  • 啓蒙
    活動

    顧問先(中小企業)の意識が低いなか、委託・監督される立場にありながら、顧問先への教育、啓蒙活動をする必要がある

マイナンバー制度:税理士事務所の課題

マイナンバー
流出の不安

体制構築
(利用、管理、教育等)
の時間増加

コストの大幅増加

A-SaaSのマイナセキュリティが
これらの課題を解決します
詳しくはこちら
これだけで全て分かる!
税理士のマイナンバー対策
無料ダウンロードする
マンガでの説明付き

pagetop