• システム概要
  • 税務システム
  • 会計システム
  • 給与システム
  • 顧問先向けシステム
  • 提携サービス
  • バージョンアップ情報

顧問先に最も支持されている税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム

顧問先も喜び、事務所の収益アップに貢献

その理由は

  • 「顧問先会計」と「顧問先給与」を無償提供可能

    顧問先は独自に会計システムや給与システムを導入する(費用を支払う)ことなく、
    税理士の先生主導で会計・給与管理ができます。

  • 顧問先とのリアルタイムデータ共有

    税理士の先生と顧問先でいつでもどこでも、リアルタイムでデータの共有ができます。

  • マイナンバー対策も安全・安心

    顧問先のリスクも抑え、安全・安心に税理士の先生主導で対策ができます。

フォームから問い合わせる

A-SaaSデータセンター

税務、会計の業務ソフトや顧問先のデータは、全て外部のA-SaaSデータセンターに安全に保管
自動的にバックアップを取り、データ保全
今まで会計事務所内のPCサーバーもしくは専用機サーバーにあった税務、会計の業務ソフトや顧問先のデータは、全て外部のデータセンターに保管。
センター内のソフトとデータを、インターネットに接続されたクライアントPCで任意に呼び出して使用する形となります。従って、会計事務所内だけではなく、自宅や顧問先でもスムースな業務処理ができます。
また従前は別作業として行っていたストレージサービス等のデータ保全も、A-SaaSではデータセンター内で自動的にバックアップを取る形となります。

会計事務所本来の業務に集中することが可能に。

この結果A-SaaSでは、会計事務所はサーバー等の高いハードの導入は必要ありません。
またソフトの購入や買い換えも発生しません。
加え、付帯する高い保守料の支払い、別途のストレージサービス料等の支払いもありません。
更に、A-SaaSではサーバーにあったソフトやデータの管理や運用も全てデータセンターが行ってくれますので、従前のようなバージョンアップの作業やバージョンの管理も不要となり、事務所内の職員さんの手間も大幅に削減され、会計事務所本来の業務に集中することが出来ます。

ソフトウェア、データは『保有する』から『利用する』へ。

  • A-SaaSデータセンター
    ハードへの初期投資、保守費用が大幅に削減。低価格PCと低価格レーザープリンタのみで業務可能。
  • A-SaaSデータセンター
    ソフトを一括購入する必要はなく、開発された財務、税務等全てのソフトが利用可能。追加費用も不要。
  • A-SaaSデータセンター
    事務所内のシステム運用が簡素化され、ソフトの保守管理もセンターで一括管理。作業負担が大幅に削減。
  • A-SaaSデータセンター
    開発システムの品質は既存の会計事務所専用システムメーカーと同等それ以上。最新の開発技術を駆使。
  • A-SaaSデータセンター
    安全対策(データ保全)、ECO対策(地球温暖化)、 ITグリーン対策(ペーパーレス化)にも最適。
会計事務所と顧問先が基本同じ会計システムを使用。会計事務所主導で効率的な業務分担と無駄のないシステムの連携を実現。
A-SaaSでは、会計事務所と顧問先とのより密接な連携と、より効率的な業務分担をシステム構築の大きな柱に考え、顧問先向けの会計・給与システムを新たに開発しました。
このシステムは会計事務所の主導で顧問先に提供され、顧問先はそのシステムを使って会計事務所同様にA-SaaSのデータセンターとの間で日々の会計処理を行うことが可能です。
また顧問先がA-SaaSを利用する費用は、会計事務所の月額利用料金の範疇で、別途費用は発生しません(※)。顧問先との間における指導料・サポート料等の設定は会計事務所の判断に委ねられます。
この画期的な仕組みが実現できたのは、データ領域に存在する会計事務所デ-タ(顧問先データの集合体)を、会計事務所と顧問先が共用して使用するA-SaaSだからです。
また、会計事務所が顧問先の監査・指導をタイムリーに行うためには、自計化に要する顧問先の負担をなくすことによって、会計事務所と顧問先とのネットワークを速やかに構築することが一番であると考えているからです。

※お申し込み時期などにより異なることがあります

業務分担をシステム構築の大きな柱

A-SaaS開発システム一覧
A-SaaSは、会計事務所の視点に立って、会計事務所のベストなシステムを、会計事務所の皆さんと一緒に企画・開発します。そして特徴としては、従前のパッケージソフトの開発とは異なって、ベースとなるシステムがリリースされた後もユーザーの皆様のご意見やご要望を受けて、毎週一回土曜日の夜間にシステムの定例バージョンアップを行っていることです。そしてシステムに対するご意見やご要望は、日常の訪問活動、電話サポートや講習会などを通じてお伺いするだけではなく、ユーザー専用のコミュニティーサイトを通じて任意に上げることも出来ます。
このように利用者の声をタイムリーに反映することが出来るシステム、それがA-SaaSシステムの特徴です。

財務システム

仕訳入力
  • 単一仕訳入力
  • 出納帳入力
  • 振替伝票入力
  • A-SaaSコネクト
管理会計等
  • 部門管理
  • 摘要残高管理
  • 工事別管理
財務帳票
  • 仕訳日記帳
  • 総勘定元帳
  • 補助元帳
  • 試算表
  • 変動損益計算書
  • 月次損益推移表
  • 比較損益計算書
  • 比較貸借対照表
  • 消費税科目明細書
  • 決算報告書
  • 資金繰管理表
  • 財務フラフ・経営分析表
  • 損益分岐図表
  • キャッシュ・フロー計算書
業種別対応
  • 建設業
  • 運送業
  • 医療法人
会計データコンバージョン
  • 汎用コンバージョン
  • 各社コンバージョン

税務システム

  • 所得税確定申告書
  • 青色申告決算書・収支内訳書
  • 法人税申告書
  • 勘定科目内訳書
  • 事業概況説明書
  • 消費税申告書
  • 相続税
  • 電子申告

給与システム

  • 給与計算
  • 法定調書
  • 年末調整
  • 社会保険・労働保険算定

マイナンバー

  • マイナンバー管理
  •  

減価賠償システム

  • 固定資産台帳
  • 償却資産申告書

A-SaaSシステム推奨動作環境(2014年11月17日現在)

point1

 

Windowsをご利用のお客様

Macをご利用のお客様

OS

Windows 10(Home/Pro)
Windows 8 Windows 8.1(無印/Pro)
Windows 7 SP1
(Home Premium/Professional/Ultimate)

Mac OS X 10.12(Sierra)
Mac OS X 10.11(El Capitan)
Mac OS X 10.10(Yosemite)
Mac OS X 10.9 (Mavericks)
Mac OS X 10.8 (Mountain Lion)

CPU

Intel Coreシリーズ以上
または同クラス以上のプロセッサ

Intel Coreシリーズ以上のプロセッサ

メモリ

4GB以上

4GB以上

ディスプレイ解像度

1,280×768(WXGA)以上

1,280×768(WXGA)以上

日本語入力システム

Microsoft IME
Microsoft Office IME

Apple社純正品等 標準的な物

マウス

2ボタンマウス/ホイールマウス

Apple社純正品等 標準的な物

キーボード

JIS配列準拠 日本語キーボード
(日本語106/109キーボード配列)

Apple社純正品等 標準的な物

インターネット回線

光インターネット回線、またはそれに準じる速度のインターネット回線

ネットワーク環境

・有線LANの場合:1000BASE-Tクラス以上のギガビット・イーサネットでの接続
・無線LANの場合:IEEE 802.11nクラス以上の規格での接続

こちらはシステムを快適にご使用頂くための【推奨】動作環境です。
上記条件を満たさないPCでも動作しますが、推奨範囲外の環境下では、一部機能が正常に動作しない可能性があります。

業務専用機などの特殊なパソコンは推奨動作環境対象外です。特殊キーボード、特殊ネットーワーク設定等により一部機能が正常に動作しない可能性があります。

※ A-SaaSクライアントはAdobe AIRランタイム上で稼働するため、Adobe AIRが正常に動作するPCが必要です。
A-SaaSクライアントインストール時に、合わせてAdobe AIRのインストールも同時に行います。
Adobe AIRランタイムの必要システム環境はhttp://www.adobe.com/jp/products/air/systemreqs/をご参照ください。

※ Mac OS環境では、電子申告システムは使用出来ません。

※ Mac OS環境では、指紋認証機には未対応です。

※ 以下の内容に関してのサポートサービスはお受けしておりません。[サポートサービスは会計事務所ユーザー様限定となっております。]

 ・所内ネットワーク、PCセキュリティに関わる各種トラブル
 ・業務専用機をご使用の環境での各種トラブル
 ・Mac OSの各種設定、各種システムトラブル

フォームから問い合わせる

pagetop