『贈与税申告書システム』へのお客様の声

2018年03月27日

リリース情報

 

2018年3月27日
アカウンティング・サース・ジャパン株式会社

 

『贈与税申告書システム』、リリースから約1か月で
1,000件超の申告書データが作成されました

〜お客様からのご好評の声をご紹介します!〜

 

かねてより多くの要望をいただいておりました『贈与税申告書システム』を、今年の2月にリリースいたしました。確定申告期限まで約1ヶ月というタイミングではございましたが、多くのユーザー様にご利用いただくことができました。確定申告が明けた16日までに1,053件の申告書データが作成され、そのうち、741件については電子申告まで実施していただきました。ご利用いただいた方々から、システムの使い勝手についてもご好評いただき、嬉しいお声を多く頂戴しております。ご利用いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

「贈与税申告書システム」をご利用になったお客様の声

今年の確定申告でA-SaaS(エーサース)の「贈与税申告書システム」をご利用いただいたお客様から、システムの使い勝手や利便性について多くのご好評のお声をいただくことができました。その一部をご紹介いたします。

 

「申告書を作成する流れは問題ありません。スムーズに申告までできました。」
「初めて申告書を作成しましたが、操作もわかりやすく、ヘルプデスクに聞く必要もありませんでした。」
「特に困ったこともなく、これといった改善点も見当たりません。」
「初見でも申告書を仕上げることができました。非常にわかりやすくていいと思います。」

もちろんご要望も何点かいただいております。いただいたお声を真摯に受けとめ、システムの改善を行ってまいります。今年はご利用になられなかった方も、来年の贈与税申告は、ぜひA-SaaS(エーサース)の「贈与税申告書システム」をご利用ください。

贈与税申告書システムの特徴

「受贈者(申告者)」「贈与者」「贈与財産」の必要な情報を入力するだけで、簡単に贈与税申告書を作成することができます。


①受贈者(申告者)の情報を入力
贈与を受ける人の情報を入力します。A-SaaS(エーサース)システムに登録されている顧問先情報を基に、簡単に作成することができます。顧問先情報を登録しておけば、贈与税申告書システムで新たに入力する手間がかかりません。

②贈与者の情報を入力
贈与する人の情報を入力します。「相続時精算課税」と「暦年管理」のどちらを適用するのか選択すれば、必要な申告書をシステムが自動で判定します。面倒な贈与税の計算もシステムが自動で行います。

③贈与財産の情報を入力
贈与を受けた財産の情報を入力します。「住宅取得等資金の非課税適用」「震災に係る住宅取得等資金の非課税適用」「配偶者控除対象」などの区分を選択すれば、必要な申告書をシステムが自動で判定します。面倒な贈与税の計算もシステムが自動で行います。

税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として

私たちA-SaaS(エーサース)は、会計事務所に選ばれるオンリーワンのビジネスインフラとしてこれからも進化し続けます。今後も、より一層、税務機能の充実にも努めて参ります。ぜひともA-SaaS(エーサース)にご期待ください。

カテゴリーの一覧に戻る