年頭所感

2019年01月04日

お知らせ

アカウンティング・サース・ジャパン株式会社
代表取締役社長 田中啓介


あけましておめでとうございます

2019年の年頭にあたり、みなさまにご挨拶を申し上げます。

昨年1月に、当社アカウンティング・サース・ジャパン株式会社(以下、A-SaaS(エーサース))はみなさまの多大なるご支援のもとに念願の単月黒字化を達成いたしました。
そして、その後1年の時間をかけて、私たちは今後の事業拡大のための礎を築いてまいりました。

まず、昨年1年間で多くの新しいメンバーが当社に入社してくれました。
製品開発部門、営業部門、カスタマーサポート部門、事業企画部門、管理部門と、当社のすべての部門において採用活動を活発に行い、当社のメンバーは、昨年と比べて20人の増員、総勢84人になりました。

次に、私たちA-SaaS(エーサース)が支えるべき「いい税理士」像が明確になりました。
私たちのお客様は全国の税理士さんです。
その中でも、特にどのような税理士さんを支えたいのかを社内で明確にしました。
これによって、当社のメンバーがお客様をより具体的にイメージしながら仕事ができるようになりました。

そして、今後の事業の方向性が明確になりました。
私たちA-SaaS(エーサース)は、前述の「いい税理士」とともに、全国の中小企業の存続と成長に貢献したい。
いい税理士さんが、その顧客である中小企業から「先生、ありがとう!」と言われるためのお手伝いをしたい。
これが私たちの今後の事業の方向性です。

「税理士」「中小企業」そして私たち「A-SaaS(エーサース)」。
この三方よしの実現こそが、私たちが見据えるA-SaaS(エーサース)のあるべき姿であり、将来像です。

2019年は「税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として」という私たちのミッションの実現に向けて、昨年築いた強固な礎のもとに、大きく歩みを進める年にしてまいります。

本年も変わらぬご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリーの一覧に戻る